40代からの体調変化

 

30代のころはなかった不調が 40代になってから頻繁に起こるようになった…という事はよくあることです。

 

  • 落ち込みやすくなった
  • 眠れない
  • 手足が冷える
  • のぼせる、汗をかく
  • 関節が痛い
  • 目がとても疲れる

 

などなど、今までなかった不調に戸惑う人も多いと思います。

 

ですが、40代を超えると、体は次の段階へ変化する準備を始めるので、こういった不調がいたるところで起きてくるんですね。これをおおざっぱにまとめて更年期の症状と言われています。

 

とは言うものの、不調はひとそれぞれで、「絶対この不調が出るのが更年期!」とは言えないのが女性の辛さを助長しているような気がします。医者によっては「そんな症状無い」なんて平気で言い切る人(男性医師に多い)もいるくらいですが、人間が一人一人違うように不調も人それぞれなのです。あまり不安になりすぎないようにしましょうね。

閉経について

女性の閉経の平均年齢は約50歳です(※もちろん平均ですからこれより前後するのは当たり前です)。更年期というのはだいたい45歳から55歳。この更年期を迎えると私たち女性の卵巣機能は低下していきます。

 

若いころは女性ホルモンが盛んに分泌されていましたが、どんどん少なくなっていきます。この女性ホルモンですが、今まで私たちの女性らしさのもとになっていたものです。

 

例えば妊娠や出産、自律神経や免疫機能、脳や細胞の働き等などとても深い関係のあるホルモンです。ですからこのホルモンが減少すると、女性の体のあちこちに変化が表れてきます。

 

そういった変化を更年期症状と言います。年齢とともに多少の変化が表れるのは当然です。しかしこの変化があまりにも辛く日常生活に影響を及ぼすほどにつらい場合には更年期障害としてきちんとケアすることが必要です。

 

 

不定愁訴という言葉を聞いたことがありますか?頭が痛い、体がだるいなど自覚症状はあり何となく体調が悪いけれど、検査をしても特に病気は見つからないといった状態をいいます。

 

しかし更年期の症状は、この「不定愁訴」といわれるくらい体のさまざまなところで不調を感じ、つかみどころがないため、更年期症状でつらいにもかかわらず更年期だから仕方がないと割り切る人も多いです。しかしこういった症状がラクになる手段はきっとあります。自分に適したケアの方法を自分なりに模索しましょう。

 

更年期症状は 1種類ではなくいろいろな症状が組み合わさって起きることが多いです。私で言えば肩こり、手足の冷え・痺れ、眠い・逆に眠れない、気分が落ち込む、あちこち痛みが出る…などです。

 

ですからできる範囲でケアの方法を試してみましょう。一つだけではなく何種類もの方法を知っておけば 更年期とうまく付き合っていけます。