更年期症状、肩こり・腰痛の原因とは

 

私がそうなのですが、もともと肩こり、腰痛がありました。それがさらに更年期になってさらに悪化しました。40代になって今までになく感じたのですが、肩や腰、あるいは首筋などズーンとした気持ち悪いほどのコリを感じます。

 

なぜこんなに肩こりや腰痛が悪化するかというと、やはりこれも更年期の症状の一つなのです。

 

女性ホルモンが少なくなることで血流が悪くなり、疲労物質がたまる。筋肉がやせてきて 筋肉に疲労物質がたまりやすくなる。こういったことから肩こりや腰痛の症状が出るそうです。さらに冷えが追い打ちをかけ、ますます血流が悪くなり、肩こりや腰痛が悪化していきます。悪循環ですね。

 

肩こりや腰痛はそれだけでも困りものですが実はそれ単体ではなく全身に影響を及ぼします。

 

そこから

・頭痛
・耳鳴り
・目の疲れ

などあまりうれしくない症状が連鎖していきます。

 

ほかの病気の可能性

 

みなさんご存じかと思いますか、大体肩こりと腰痛の原因というと

・猫背など普段の姿勢が悪い
・普段運動をすることが少ない

といったことが挙げられます。

 

しかし、肩こりにもほかの病気が隠れている可能性もあります。それが「肩関節周囲炎」俗に言う四十肩五十肩ですね。

 

肩を上げ下げするだけで激痛が走るなど、その場合は肩の周辺が炎症を起こしていることになりますからお医者さんへ。

 

また、腰痛もただの筋肉疲労だと思っていたら

・子宮内膜症
・子宮筋腫
・子宮がん
・卵巣がん

といった女性にとって深刻な病気が潜んでいたということもありますので、運動をしたり温めてみても全然良くならないという場合は、婦人科や整形外科などに行って診てもらいましょう。

 

更年期でも自分でできる肩こり・腰痛ケア

 

肩こりケア

肩こりはストレッチを念入りに

肩こりの人は私も含めとにかく肩回りががちがちです。疲労物質を追い出すにはとにかく筋肉を動かし、血流を良くするしかありません。運動の習慣がなければストレッチで筋肉をほぐします。デスクワークの人は特にそうですが、とにかく同じ姿勢を続けがちです。体が固まってしまう前に肩甲骨を動かすなど、できるだけほぐすようにしましょう。

 

 

ツボ

肩こりのツボ、というものもあります。「肩井(けんせい)」という場所なのですが、だいたい肩の中央、気持ちのいいところです。ツボ押しグッズなどもたくさん出ているので活用して。

 

 

姿勢をよく

40代とは言わず、現代では 20代という若い世代でも姿勢が悪い人がとにかく多いです。しかし、我々40代が20代と違うのは、筋力が弱ってるということ。意識してよい姿勢を保たないとすぐに悪い姿勢になってしまいます。まずおなかを引っ込め、お尻の穴を占めることで背筋はすっと伸びます。たまに鏡を見て自分の姿勢を見直しましょう。

 

 

1枚羽織るものを用意する

更年期世代は血流が悪いので血行を良くすることが大事なのですが、一方でのぼせやすいと言った特徴もあるわけです。その場合は厚着をするよりもストールやカーディガンを常に持ち歩き、肩にかけたり膝にかけたりして温度調節をしましょう。

 

 

 

腰痛ケア

股関節を柔らかく

運動不足や姿勢が悪い、腰痛があるなどそれが日常化していると股関節まわりがガチガチになり柔軟性がなくなりこわばります。そうなると腰に負担がかかるので、股関節まわりを柔軟にしましょう。体が硬い人は大嫌いだと思いますが、座った状態での前屈運動が有効です。

 

■片足を伸ばし片足をくっつけたままで前屈。厳しくても我慢。

 

■肩幅より足を開いて腰を落とし、ゆっくり左右に上半身を回すストレッチ

 

■腰痛には太ももの裏を伸ばすのも有効

 

また、かかとの高い靴を毎日履いているということも影響します。できるだけ靴底が柔らかく足裏全体をきちんと使える靴が望ましです。スニーカーを履くのもよいです。

 

 

腰を温める

腰も肩と同様で血流をよくすることで疲労物質を追い出しましょう。痛む場所にカイロを使ったり、腹巻きをしたりすることにより、冷えを予防できます。きつい下着、ガードル、また、近年流行のぴっちりすぎるスキニーなどは血流を悪くし 痛みをさらに悪化しますので避けた方が無難です。